日常的心理学

心理学名 説明
作業興奮 何かをやるとやる気が出てくる。
ウィンザー効果 第三者を介した情報や噂の方が、直接本人から言われるより信憑性up。
メラビアンの法則 相手の話方や聞き方が上手いということを脳で見分けるポイントが「外見」や「身振り手振り」で半分以上決まってしまう。面白さ→内容7%・話方38%・外見や身振り手振り55%。
イエスバット法 相手の意見を一度受け入れてから否定する。自分の願いを聞いてくれる確率も⤴。 例)×「これはこうだと思う」→「いや違うだろ」   ○「これはこうだと思う」→「ああ、確かになぁ」「でもあれじゃね?」
スノッブ効果 多くの人々が支持しているものこそ自分は選ばない。需要が高まり過ぎると差別化をしたくなる心理。
アンカリング効果 「5000円‼」というのではなくて「10000円→今なら5000円‼」客が買いやすい。
ミラーリング (動詞) 相手と同じ行動をすることで好印象が持たれやすい。
宣言効果 宣言すればするほどその目標を達成しやすい。ただし、周りで聞いていた人がいた場合。
割れ窓理論 軽犯罪を取り締まることで凶悪犯罪を抑止できるという理論。つまり小さい所から直さないと、後で取り返しのつかない事になるということ。
返報性の原理 相手に何かしてもらった時にお返しをしたくなること。
類似性の法則(状況・知識) 相手との共通点を見出すことで好感が持たれやすい。
バックトラッキング 相手が言ったことをそのまま返すことで安心感や信頼感が生まれる。つまりは共感
カチッサー効果 何かを要求する時に理由を付けると承諾率が⤴。
分析麻痺症候群 選択肢が多いほど決めにくい。
両面提示の法則 メリットだけではなくデメリットもいうことで信憑性が増す。
アンダードッグ効果(負け犬効果) 弱いひとの方を助けたくなってしまう。
エメリットの法則 仕事を先延ばしにすることは、すぐにその仕事に取り組む場合よりも、倍の時間とエネルギーを要するとしています。
ボッサードの法則 男女間の物理的な距離が近いほど心理的な距離も縮まる、という法則です。
ゲインロス効果 最初に悪い印象を得てから、後で良い印象を得ると、通常よりも評価が上がりやすくなる、という心理学的な効果です。